チャンス|コインパーキング経営をすることで安定して利益を得ることができる

コインパーキング経営をすることで安定して利益を得ることができる

積み木

チャンス

家とお金

ホテルの不足が顕著

日本では東京オリンピック・パラリンピックの開催される2020年までに訪日外国人を2,000万人にするという目標を掲げています。2014年は1,300万人台となっており、訪日外国人の増加傾向が顕著となっています。京都は以前から人気があったものの、ここに来て外国人の大幅な増加が見られ、ホテルの不足が深刻な問題となっています。京都への不動産投資を検討するに際してはホテルへの投資は最適と考えられています。京都は夏暑く、冬寒いということで、閑散期の需要が心配されるためホテルを対象とした不動産投資が躊躇されておりました。しかしながら、円安を背景とした海外からの観光客の増加は京都の季節感を感じさせないようになっています。

景観との調和が重要

京都で不動産投資をする際には景観との調和を考えて計画を立案しなければなりません。以前もホテルの高さの問題で大きなトラブルが発生したことがあります。春の桜や秋の効用は京都にとっての歴史的な財産となっておりますので、計画性のない不動産投資は絶対に避けなければなりません。行政サイドでも建築についての様々な制限は設けているのですが、法律だけで完全に防ぐことは出来ませんので、開発業者と行政、近隣住民の計画に対する事前の合意形成が重要になっています。とかく住民エゴが出てくることが多いのですが、今後は観光地京都の魅力を伝えると同時に当地に宿泊できるという利便性も重要な訪日外国人を増やすための条件になります。地域で一体となって訪日観光客の誘致に取り組み必要があります。